大市

未分類
10 /31 2006
20061031181247
写真は○○焼きのおじさん。秋の田舎の風物。遥か昔、祖母に連れられ大勢の露店と求める客とのやりとりも楽しみの一つで、本当にワクワクと指おり数えて待ち望んだものだった。今は物流や流通の発達とは比例し過疎化により、子供向けのお店か飲食ばかりが並ぶ。茶碗等の瀬戸物売り、鋏みや包丁等の刃物売り。夜、妙な色の裸電球の妖しさの中を歩く怖さと緊張感。
そして何よりのお楽しみ「小金のラーメン」を食べる事。外食の習慣等ないあの頃。オネダリしなくとも、あのうす茶に透き通ったスープが何とも美味しかった。今でもゴクンと唾を飲む。お店はもうない。可愛がってくれた祖母もとうに居ない。久々に覗いた大市で懐かしい味と恋しい大切な人を深く思いだした、十月最後の秋晴れの休日となった。
スポンサーサイト

This train is

未分類
10 /30 2006
20061030172909
the next stop is notokachima

もったいない

未分類
10 /30 2006
20061030124929
もったいない程の最上天気。サンルームで陽射し一杯浴びてお腹一杯。

いつぞやの

未分類
10 /30 2006
あ・あなたはいつぞやの「アオガエル」? まぁ、ずいぶんと成長なされて。いやはやビッグサイス!10センチはありそう。
20061030103934.jpg

屋上緑化

未分類
10 /29 2006
okujyou2.jpg

ヒートアイランドが叫ばれる昨今。
田舎にも屋上緑化がお目見えです。
背景でご理解頂けるでしょうか?
視界を遮るものもなく、風光明媚な景色が一望しながら、
緑空間を楽しむ。一度体感してみて下さい。

エリカ

未分類
10 /28 2006
20061028185733
エリカ(あか色)が咲き始めた。

冬から春にかけて咲く。

花の形が細長い。そしてうつむき加減に。

お気に入り

未分類
10 /27 2006
20061027191831

お気に入りのミニサイズ、和紙便箋。お気に入りの筆ペン。そして大好きなモミジの押し葉。
 添えて、大切な人に心を届ける。

今年も落ち葉を拾おう。大事な人に贈るために。

強風

未分類
10 /24 2006
20061024125507
能登半島の入江。穏やかな海は今日はお預け。寄せては還す波の力は凄い。美しい物も見たくない物も全て運んで来る。

荒れ模様も、いと趣し

ライトアップ2

未分類
10 /23 2006
20061023191306
タイルドライト。床にタイルドライトを入れカラーを楽しんで見ませんか?雨の夜に何とも、あ・や・し・げ


うーん、残念。夕闇と秋雨で綺麗なグリーンの色が撮れない。

是非、体験して欲しい。

灯りは人の心を操る。
 ほのぼの。
      ほんわか。
 ときめき。
      うっとり。

そして、切なく、人恋しくさせる。

灯りのともったお家に帰ろう。

LED

未分類
10 /22 2006
20061022182147
LEDライトでカラーを楽しんで見ませんか。

色づき

未分類
10 /22 2006
20061022085628
コキア
 
今日もありがたや、とってもうきうきしちゃう秋晴れです。

澄み切った青空。

夏とは違い凛とした空気が心地いい。
    おっと、日焼けしそう!

初体験

未分類
10 /21 2006
過日金沢市産展でしんきんビジネスフェア2006に初出展。
DSCF0013.jpg

愛を込めて

未分類
10 /21 2006
20061021083641
手作りブーケです。ちょっとしたプレゼントに付けさせて頂いてます。可愛いいってお褒め頂き送られるお客様に喜んで貰えて、嬉しいです。

ライトアップ

未分類
10 /19 2006
20061019175539
螺旋門柱。ブルーライトでお出迎え。

そろそろ

未分類
10 /18 2006
20061018131645
秋の青空を仰ぎみればモミジの葉が色づき始めた。数枚真っ赤だ。色いろいろ。

ビールマンション

未分類
10 /17 2006
R0010204.jpg

今夜はビールで積み木。
10本が最高かな?酔いも回ってビールマンションは10階建てで完成。

こんな所に!

未分類
10 /17 2006
20061017181500
秋の味覚。我が家の庭に出没。当然の事ながら食べられないと思います。しかし苔の中から茸。まさに「キノコの山」そのもの。可愛いい。

乱舞

未分類
10 /15 2006
20061015225424
コスモスが青空を背にピンクの濃淡の花びらが咲き乱れ、秋風のなか舞う。

とおせんぼ

未分類
10 /14 2006
20061014084643
爽やかな秋の日。彼岸花を求めて田んぼへ。お目当ての花は,
時すでに遅く、茎のみの姿にかろうじて会えた。
 
それでも、田んぼの回りには田んぼ草と呼んだ可愛い花たちが目一杯咲いていた。

 帰り道、舗装がしてあるとはいえ、田んぼのあぜ道、狭いその幅に鎮座ましますそのお方は、今年二回目の「お蛇」様。

 あーお願い、どいて、もう少し、進んでと叫んでも(心の中の)微動だにしない。
 端っこを通ろうにも、しっぽ踏みそうだし、我慢すること五分ばかし、もうだめ!チャリンコのベルを二三度、チリリン。

 おー貴方は、お耳のあるお蛇様なのでしたか。ありがたや。

まさしく、蛇行しながら、ゆるゆると草むらへ・・・・・

ラジオ塾

未分類
10 /13 2006
20061013095504
能登空港にて。今回で4回目。講義+実践。

清楚

未分類
10 /12 2006
20061012155135
この清楚な何の花でしょう?
「ピーマン」の花です。白く小さな花は恥ずかしげにうつ向いて咲きます。

完成

未分類
10 /11 2006
20061011092423
しんきんビジネスフェア

いよいよ

未分類
10 /11 2006
20061011072757
本日、しんきんビジネスフェアに出展致します。金沢の産業展示館4号館12ブースです。近づいてきました。「今日蒔いたビジネスの種が、いつの日か必ず芽を出し、大きいな樹になるでしょう」新たな出会いか創る、北陸の元気、企業の元気。さあ、いざ出陣。

未分類
10 /09 2006
miti.jpg


つづく、道。

季節で空の顔がこんなに違うのね。

リカちゃんパンジー

未分類
10 /09 2006
20061009083807
秋晴れの朝、シクラメンと共に咲いた。

名月

未分類
10 /07 2006
20061007204852
日中の雨風は何処へやら、ふと見上げた夜空はスッキリとしたお月様。こんなに美しいお月様に会えるなんて。しかも日中の荒れ模様からは想像だに出来ない。今も雨が音を立てて降っている。ほんの一瞬の出会いだったのね。無情。常でないこの世。

それにしても月の横で何かがずっと光っていた。何度撮ってもどこかに写ってた。何?

プレゼント

未分類
10 /07 2006
薄水色の薔薇模様のエプロン。
 
 ブルーではなく、みず色。

優しく、しとやかに



epuron.jpg

私に似合うと思いますか?

緊急アンケート。一名様にバーデンスティックプレゼント!

1.私をイメージしてプレゼントしてくれたのでしょうか?
2.それとも、こうなりなさいということでしょうか?


紫式部

未分類
10 /06 2006
20061006181042
濡れそぼる「紫式部」

紫色の実の清楚な美しさを、平安美女の「紫式部」
(西暦1000年頃の人)にたとえた。
また、紫色の実をびっしりつけることから「紫重実
(むらさきしきみ)」と呼ばれていたとか

空き地の雑草の中に逞しいほどの大きさになった紫式部を見つけた。いつもは自転車で走り抜ける裏道。季節の移り変わりを感じたい私はよそ見ばっかりの危険運転.
こんな所に咲いているなんて!と発見して、かなり興奮。雑草の中にありながら凛としていて、雨に濡れて尚一層その色に艶が増しているのも、実にいい。
  雨のお陰で傘を差しながらのよそ見歩きもいいものです。

展示会

未分類
10 /05 2006
20061005184905


「こぶり石」ってご存じですか?

今週月曜日から、今月の20日までのと共栄信用金庫穴水支店で
展示させて頂いております。昨日の北國新聞にも掲載して頂きました。
ホームページにこぶり石のコーナーもあります。

 この石は私の父の「人生の道しるべ」でした。
そして、今 私には父を偲ぶものであり、沢山のご縁を頂き、生きることを見詰め、考えさせてくれる大きな力のある存在です。

全くの加工をせず、自然のままの、あるがままの姿で、何かのものに見える様々な想像力を刺激してくれる石です。

 語らず、動かず、変わらず、
    人を感動させる。そのままで。

甘い香り

未分類
10 /04 2006
20061004114904


金木犀


秋のある日、
街中が突然金木犀の香りに包まれる♪
  咲き始めが劇的です。
咲いている期間中、強い香りを放ち、
かなり遠くからでも匂ってくる。

但し、咲いたあとで雨風があると
あっけなく散ってしまう。儚い花です。

そしてまたそれは、ある重大なお知らせでもあるのです。
秋の味覚、キノコ狩り。
私の住む地方では「コケ取り」と呼びます。
稲刈りが終わり、一仕事済むと、名人達はこの香りを待つと言います。
それは、金木犀の花が咲く頃、「コケ」が出始めた合図とか。

で、昨日早速「しばたけ」を頂きました。
うちのお隣さんのご主人は春の山菜から、夏のサザエ取り(こちらは最近ご無沙汰かな?)秋のコケ取りとどれも名人級でして、そのお裾分けを有り難く頂くばかりの我が家です。
 山菜などは、海辺の暖かい所から、山奥までと「あど」を沢山お持ちのようです。バスの運転手さんだっただけあって、広範囲に収穫エリアが広いのです。

 「あど」ってご存知ですか?
地方によって呼び方は色々あるようですが、自分だけが知っている収穫できるところをそう呼ぶのです。
自分のといっても自分だけじゃないこともあって、とにかく採れ出すとじっとしていられないのだそうです。 一回とれた場所を覚えられると次の人に自分だけの「あど」を共有する事になり、収穫量が減るわけでして・・・・・・しかし、暗黙のルールがそこにはあって。
 
 最近は都会からブームのように「コケとり」に来る人が多く、山をゴミで散らかしたり、根こそぎもっていったりっと、来年のことや、自然からの恵みだと言うことを忘れて、身勝手な行動をする人が多くて困っているようです。荒された山は簡単には戻りません。皆さんルールを守って、欲張らずに秋を楽しみましょうね。

行き止まり

未分類
10 /03 2006
20061003133932
今はもう廃線となった駅のホームあと。行き止まりというポジションは変わらないはずなのに、行き交う列車が無いことでこの地に生きる者にとっては過疎をヒシヒシと感ぜざるを得ない。初めて訪れる立場であればレトロな田舎の一風景。秋晴れの清々しい風がふと物寂しい。