春暖の頃

未分類
03 /31 2008
弥生3月も今日で終わり。
名残の寒さか、小雨が降り出した午後は、気温がぐっと下がったよう。

春暖の頃と始まるお便りと共に。届いたのは能登の数馬酒造様のMYーSAKE倶楽部から

CIMG0718.jpg


綺麗な桜模様のシールはお手製。
ホントに、ほんのり桜色が、グリーンの瓶に映えて、眩しい。
お馴染み、MYー SAKE倶楽部からのMY酒が届いたのです。
いつも、元気で爽やかな笑顔でお届け下さるおじさんとも、すっかり顔馴染み。


CIMG0719.jpg

このお酒は倶楽部に参加している会員さん達が田植えや、稲刈りに参加し、共に育てた「能登山田錦」で醸したオンリーワンの、思いのこもった、そして、能登杜氏様と蔵人の皆様が一丸となり精魂こもった貴重な、自分にとっては無二のお酒なのです。
農作業(今回は未参加でした)から、ネーミングと、それぞれにそれこそ、一杯傾けながら話し出せば、それぞれの気持ちが精魂込めて作られた上に、ひと味違う想いという醸造がエッセンスとなっている「自分の酒」なのです。

大吟醸に、純米酒。
下戸の私ですが、味わえます。ほんの一口を口の中でふんわりまったりと、ゆっくりと噛みしめながら喉の奥へと、胃に染み渡るその道まで感じます。お酒に強くない人間なので解るんですよ?これが!
アルコール分がふわっと口から鼻に抜け、奥へと導かれ、その臓器に浸透していくのが、、、、、

もう、そうなると、ほとんど、良い気分に、ラベルのように私の頬も乙女色です?

そして、お酒と一緒に貴重な「吟醸粕」が入れられてるのが、楽しみの一つ。
待ちきれず、お行儀悪くちょっぴり、
CIMG0720.jpg

「つまみ食い」
「う^^^^ん、上手い!」
しっとり具合がクッキーの生地かお団子くらいの、しっとり感たっぷりの練り具合い。

これだけで、充分「吟醸」を味わえちゃいます。

と、今日はMY酒が春を運んで来てくれました。

ありがとうございました。 




スポンサーサイト

雪うさぎ

未分類
03 /31 2008
20080331004323
わぁー
「雪うさぎ」のカップル見つけた!

しかも、美味しいそ?花粉が眼を直撃か、眼が痒くて眠れなくて、フリーペーパー横流しで眺めてたら、飛込んできたのです。

クシャミ出るし、鼻水タレタレだけど、元気出てきたぞー

それにしても、花粉の薬って、眠くなるのは日中だけで、夜は覚醒するのだっけ?

可愛い友人?

未分類
03 /30 2008
1お客様のお子様で、お友達になった可愛いお姫様二人をご紹介します。

ママ似でスタイル抜群の春から中学一年生のお姉ちゃまのMちゃん、
春から、ピカピカの小学一年生になるAちゃんの姉妹です。

打ち合わせの退屈な時間を、展示場を「迷路みたいね!」って、楽しく遊んでいただきました。

きゃー、何とも若返る時間となりました。

最初は、Aちゃんと、例のラブラブブランコで、ゆ?らゆら^^^^
「もっと、押して?」に
「お空までで届け?」と叫んだら

シビアにさらりと、「空まで届かんよ?」て、返されぎゃふん!

で、「じゃぁ、お空にあるものなーんだ?」

「カラス」
「飛行機」
「鳥」
「プロペラ」

「まだあるよ?、ふーって膨らますもの。」

「風船!」
「当たり!」

CIMG0636.jpg


ちょっぴり、風が冷たいだろうって、しっかり者のMお姉ちゃんが上着を持ってきて、
「寒くないの?」って!優しい声掛けにママみたいと驚きました。
6歳違うと、妹って言うより、母性が働くのか、始終彼女の気配りや、妹への遊びのあしらいや扱いに感心しきりでした。

そうこうするうちに、Aちゃんがマイバックを取りに。。。。。

中身をご披露されて、またまた超、驚きました。
な、なんと、鏡に、ブラシに、髪止めと、まぁ、侮るなかれ、6歳にしてしっかり女の子と言うより、いっぱしのレディ(古いなぁ?)さながら。

「撮さないで」というのを、もうあまりに可愛くて、パチリ。
その後、逃げ出され、立水栓の後ろに隠れこまれるんですが、、、、、

CIMG0583.jpg

ジェネレショんギャップは埋まりそうもなかったり、えっー私のこども時代と同じジャンとかで。
何って?かーごめかーごめ見たいのは一緒で、但し、歌うのが確か「鍋の底、変わった!」とかで、手を繋いだまま、裏返しになったり、どちらかを選ぶのに、

「どれにしようか、神様の言うとおり。あっぱ、こっぱ、○○○○しょ」と、最後の○が違うだけで、後は全く、同じで不思議な感じがしました。年も違うけど、地域も違うので、微妙に言い方違うはずなのになぁと、思いつつも、懐かしい響きに、童心に返って遊んじゃいました。

CIMG0590.jpg



妹のAちゃんは、マイバックからお気に入りの、ミニーマウスの小さなノートを取り出し、マルバツを書いて、じゃんけんで、当たりゲームを始めました。

そのノートが可愛いので、向こう側にいる彼女に、手前からノートを重ね、Tシャツのように撮してみました。、ちょっぴり遠すぎて、ぼんやりですが、お姉ちゃんが、

「そうだ!」
閃いて、カメラを貸して、ノートも一枚目の絵柄の濃いのをあて、私を被写体に撮ってくれたのが、実によく撮れてました。(画像アップには耐え難いので、お蔵入り)
CIMG0672.jpg


あとは、何十年ぶりかの、「かくれんぼ」

「20数えて?」

これがまた、大きな声で、「いちー、にー、さんー・・・・・・・・」15位まで来ると、これが結構、疲れますの。何なんでしょうかね、あの、戸外の空間で、大声ぷらす、間延びした数の数え方って言うのは、風邪っぴきの後は、声が続かないものだと、あーこれも声帯の衰えかしら?

「走って、転ばないでねぇ」は、軽快に走る彼女たちの姿を見て、自分へのメッセージのようでした。

いろんな物に、興味津々でお話をしながら、真剣にお話を聞くお姉ちゃんの姿勢には、しっかり躾けられている、ご両親の姿勢に感心しました。

石は、水を打つと、色が鮮明に見え、綺麗な変化を素直に喜んでくれるのも、自然でまたまた可愛くなりました。

で、遊び疲れ、腰掛けたくなった私は、デジカメを貸してあげて、お気に入りを撮って貰いました。

なんと、メモリー一杯が2回も!

新鮮な子供目線が面白かったです。残念ながら、一部しかアップできませんが、そして、妹のAちゃんは、よく、私を被写体にしてくれているものですから、なおさら、観賞には堪えがいのですが、着眼点が子供らしく、ほほえましい限りでした。
CIMG0594.jpg


どっちが、遊んであげたのか、解らなくなった最後でしたが、
利発で、一年生とは思えないしっかりした妹Aちゃんと、
妹がじゃんけんで負けると、上手く、もう一回とか、勝った人が鬼にしようかとか、妹の扱いを心得ている妹思いのお姉ちゃんには、感心しました。

可愛いお姫様二人から、いろんな事を学ばせて頂いた、楽しい日でした。
ありがとう、みさきちゃん、あいかちゃん、また、遊んでね!
CIMG0662.jpg

花綻びの

未分類
03 /30 2008
20080330085721

花ほころびの、ネコヤナギ二種。

ふっくら大きめサイズの黄色いネコと
 
小ぶりのサイズに緑のネコ。

ちょっぴし、遅めのネコヤナギだけど、人の心は桜へと向かっているけど、ひっそりと終演を迎える姿もまた、いと をかし なり。

爽やかな日曜日です。

ご近所の二階の窓には、黒瓦にのる白い布団が眩しい。

今日も元気で、がんばるべ!

雨に

未分類
03 /28 2008
庭のアセビは今が満開。
CIMG0570.jpg

薄ピンクと言うよりビビットピンクににてるよねぇ。
綺麗に整列して、お行儀よく、誰も個性を主張せず、並んで、並んで、いる。
CIMG0572.jpg

葉っぱはことのほか、力強い緑だ。
花が終わり、しばらくすると、うっかり、何の木だっけと考える。


アセビ(馬酔木)とは、ツツジ科の植物である。あしび、あせぼともいわれる。



 本州、四国、九州の山地に自生する常緑樹。やや乾燥した環境を好み、樹高は1.5mから4mほどである。早春になると枝先に複総状の花序を垂らし、多くの白くつぼ状の花をつける。果実は扇球状になる。有毒植物であり、葉を煎じて殺虫剤とする。 有毒成分はアセボトキシン。

 馬酔木の名は、馬が葉を食べれば苦しむという所からついた名前であるという。 多くの草食ほ乳類は食べるのを避け、食べ残される。そのため、草食動物の多い地域では、この木が目立って多くなることがある。たとえば、奈良公園では、鹿が他の木を食べ、この木を食べないため、アセビが相対的に多くなっている。逆に、アセビがやたら多い地域は、草食獣による食害が多いことを疑うこともできる。

 

漸く

未分類
03 /28 2008
実は、実は、久しぶりに「風邪」をひき、熱が出て、咳がコンコン、胸が痛い。

花粉症に旅疲れにと、もう、ヘロヘロ状態で頑張ってましたが、撃沈です。

寝込むこと3日。久しぶりに、咳が辛かったです。喉は痛し、節々痛く、首は痛むしで、、、


何とか、復活

休んでいる間、花起こしの雷一回、復活して、サクラはどうかと覗けば、その下で土筆が満開。

ふきのとうは花が開きすぎ、「とう」がたってました。季節の変わり目に驚き、遅れを感じました。

これからは、身の程考え、ほどほどにし、自分の体調と相談してしたいと思います。

ご迷惑をお掛けしました皆々様、ご免なさい。

そして、ありがとうございました。

防災記念

未分類
03 /25 2008
能登半島地震、25日で丸一年

去年の今頃、何が起こったか、どうなったのか、事態がつかめないまま、外に飛び出した。

風景は変わり、状況は変わり、心は塞がったままのような、

夢のようで、でも現実で。

家族の絆は深まった。

様々な力、知恵を授かり、大いなる自然の脅威を胸に刻んだ日々でした。

今日は、何事もないような爽やかなお天気で、鳥のさえずりが聞こえ、車もいつもと変わりなく昨日と同じ日を迎えられました。

夢で地震だ!えっー、またなの?と揺れを感じながら覚醒した。

いつもと同じ風景にほっと、布団から出た。

武士は

未分類
03 /24 2008
武士は食わねど高楊枝
CIMG0299.jpg

久しぶりのクロちゃんです。
ママから「あんころ」を貰いました。
大好きなあんころ。妻楊枝までしゃぶりました。

可愛い!

未分類
03 /23 2008
「可愛い!」CIMG0457.jpg

まともに解釈してはいけないことは多くあり、その言葉の持つ深い、何というかそれをどのタイミングで使われるかで、ビミョーに事の次第は変わって来るのです。

先日のあることで、今、写真家「うめめ」さんと時を共にし、向かい合って、コーヒーを飲む事がありました時のことなんです。

偶然というか、ご縁と申しましょうか、彼女のママと私メは、小中高と同級だったわけで、そんなこんなでお話を重ね、「面白い!」とかって寒い親父ギャグに反応してくれている内は楽しかったわけで、そのうち私のウイークポイントとなる、「お手手」に彼女の目が行き、ギャグに食らいついたときのようにビビッとしたのが、解ったんです。


まるで、何か面白い、見たこともないようなものを、興味深げに覗き込み、文頭の「可愛い」が出たのです。いつもの如く、それに続くのはその形容詞とは裏腹に大きな笑い声に変わり、周囲の人々の関心をそそるわけで、当然、、他のテーブルからも

「何?何」
「きゃー、ホントだ!アハハ、可愛い!」と続くのです。それは必ず、こだまし、皆で大笑いに!
あるがままを受け入れ、生きてきたんです。苦節50年。綾小路きみまろさんとはいきませんが、
「この手に関して涙なしには語れないんです。」で始まる私の悲しい身の上じゃない、手の上話が始まり、ますます大爆笑となるのでありました。

似たような話が先日TVの明石家さんまさんのトーク番組でなんとかっていうので、可愛いモデル、アイドル×女お笑い芸人でのやりとりを思い出しました。

アイドルの人がお笑いの女の子に「●●さん、可愛い!お肌凄く綺麗ですよね」とかって言われるのは、上から目線の優越に満たされた言葉以外の何物でもない!と叫んでいたのと重なり、その話をしたら、ますます土壺にはまり、「ひがみはいってるぞ?」と男性陣にたしなめられ、結局薬局、おもろい人で幕を閉じ、カメラに撮りたい!と言わしめ、光栄にも被写体に選ばれ、ハイポーズで撮られたのは、当然のことながら「●●●●お手々」でした。

人を怒らせたのでなく、笑わせたのですから、良しとしましょ。

はる、ハル、春、

未分類
03 /22 2008
ほんわか?と空気は、優しい空気。

花粉を含んで、私に春よ、春よと、叫んでる。


了解、了解。

もう、おしゃらなくても、目が、鼻が、皮膚が、
ボーッとした思考の中でも、あなた様を認識してます。

雨で寒かった東京が良かったわぁ。

研修では、若い人のパワーを沢山頂き、とても刺激になりました。
運悪く、雨でしたが、木々は元気に新芽を吹いていたし、ハクモクレンは満開でした。

沢山の刺激で、興奮状態の脳みそが、花粉で混濁しそう!

RIMG0021.jpg

能登の

未分類
03 /21 2008
20080321131244
海は穏やかに

運転中

未分類
03 /21 2008
20080321091324
線路は続くよ

どこまでも

地酒列車

未分類
03 /21 2008
20080321082721
20080321082720
昨晩上野21時8分発車

朝8時、富山の石動です。

地酒列車、石川県知事と乾杯で出発進行

未分類
03 /20 2008
20080320211842

雨の

未分類
03 /20 2008
20080320152005

花色々、

未分類
03 /20 2008
20080320111032
20080320111031
20080320111030
20080320111029
花、色々

色、色々

人生、色々

満帆

未分類
03 /19 2008
20080319192959
20080319192958
人が溢れ、車が溢れ、街は賑々しい訳で

すれ違う人々は、誰一人、知る人もなく、声をかける訳でもない訳で。

眩しさはよそよそしいほど。

能登空港

未分類
03 /19 2008
20080319113916
ドンヨリ曇りですが、元気に出発。

ちょっくら

未分類
03 /19 2008
花の都に、ちょっこらお出掛けします。

帰りは、金曜ぐらいです。

留守お願いします。

未分類
03 /18 2008
20080318205840
こんにちはと、やって来たのは「雀」

綺麗な羽根ですね。

お誉めの言葉が聞こえたのか、撮影させてくれました。
ありがとう。

何を運んでくれたのかしら?

キラキラ

未分類
03 /18 2008
20080318163037
蝶とお花のこんなキラキラのタックピンを頂きました。

嬉しい?

ありがとう。

十億に十億の母

未分類
03 /16 2008
十億に十億の母


   暁烏敏さんの詩



Blue hills


 「十億の人に十億の母あらむもわが母にまさる母ありなむや」






 十億人間おったら、必ず十億のお母さんがいる。たとえ二十億であろうが、五十億であろうが、わが母にまさる母ありなむや。






 わが母にまさる母ありなむやというのは、私の母は、この人しかないんだということです。十億あろうが、二十億あろうが、この人だけが私の母なんだということなんです。


一昨日の野辺の送り。
ご住職のお説教でした。

黒猫

未分類
03 /15 2008
20080315211551
黒猫の「豆」ちゃん。と「小豆」ちゃん。

仲良し兄弟は丸まってくっついてお昼寝。

シャメのシャッター音も耳には入らないよう。

中々立派な横顔です。ありがとう

ありがとう

未分類
03 /14 2008
20080314230155
20080314230154
20080314230152
後僅かで、お誕生日です。

一番に祝ってくれのが、長女でした。

「以前付けていた時、似合う色だったから、若く見えるよ」って。


なんとも・・・・・

ありがとう。

旅立ち

未分類
03 /14 2008
旅立つあなたが残してくれたもの。



IMG_0004.jpg



優しく
黙って微笑む強さ。


分け隔てのない
大きな愛。


声の届くところで
見ていてくれるのですね。

ありがとう。
お疲れ様。

海の

未分類
03 /13 2008
20080313204537
海の醤 ラーメン

明るい

未分類
03 /12 2008
2008031<br /><br /><br /><br /> <br /> <br />2174648



バラの花言葉は「美・愛情」。

愛のメッセージをバラに託して贈ってみませんか?


バレンタインのお返しに、ミニバラは如何でしょうか?



かすかな香りが付いたミニバラは、部屋やベランダでバラを楽しむこともできますね。

春一番、元気の出る「黄色」のバラはお部屋をぱっと明るくしてくれますよ。

生け花

未分類
03 /10 2008
お客様のU様邸。

玄関にダイナミックな生け花。
ご主人様がお花のお稽古に通ってらっしゃいます。

見事な生花でしょう。
男性の方ですが繊細な心遣いで、優しく生けてあります。

CIMG0394.jpg

吉谷先生

未分類
03 /09 2008
20080309152644
吉谷先生の寄せ植え教室

明日は

未分類
03 /08 2008
明日はガーデンイベントで応援にT県に早朝より出掛けます。
今日と明日と二日間のイベント。
スタッフのデザイナーさん達は今日から行ってます。
中々の入りだとか?
楽しみですね。春になってお庭の計画も具体化しやすい時期ですものね。


カメラが使えなくて、とても不便で寂しいです。
感じた感動を残し、実写で伝えられないもどかしさ。
表現力の稚拙さに落胆します。

とりあえず、花粉症候群引き連れて、行ってきます。

最近

未分類
03 /08 2008
花粉症で困る。


目と鼻、のど、頭、顔。
そこいらじゅう。


症状いろいろあれど、一番   (>.<) 「辛い」のが

睡眠不足で   (=_=)  目に熊



涙と鼻水と痒みで、顔が   (=^_^=)(=^_^;=)(=;_;=)(=`´=)  百面相


つぶしが利かない顔がこれ以上崩壊することになるなんて

  (゜◇゜)  ガーン



いつもと違うこの日記。

新しいことに挑戦してみることにして、今日は顔文字の練習をして見ました。


単語の登録をマスターして顔文字を使いこなそう



   ( ^)o(^ )    わーい  やってみると思ったより簡単。便利なのね?
どうやって、作っているのかと思えば、こんなお助け隊がいたのね。
上のページは時々覗いていたのですが、気づかなかったですね、今までは。

とりあえず、昨日出来なかったことが、今日は一つ出来るようになったので


     かんぱい ( ^_^)/□☆□\(^_^ )

華の嵐

未分類
03 /07 2008
インターネット配信の動画ドラマが中々面白い。
韓国のドラマに引き続き、中国の動画も覗いてみた。


  紫禁城 華の嵐 

    美女たちの熾烈な戦いが繰り広げられる豪華絢爛な宮廷愛憎劇!

中国の「大奥」版ってかんじ。

一部しか無料配信は見ることが出来ないのですが、

時代に翻弄された、切なく哀れな女達の叫び。



RIMG0010.jpg

もう、人のために生きないで

自分のために生きて。

意のままにならぬ閉鎖された中で生き抜いた女達の本音。

女は弱し、されど母は強し。




脳活性

未分類
03 /06 2008
友人のYちゃんから、教わった「ぼけない楽しいゲーム」

その名は「ナンプレ」

漢字パズルや四字熟語パズルの脳トレより、ずっとずーーーーと


「むずい」!

ストレス解消にならないよ?

私の脳みそやはり、腐敗が進んでいるのでは?

あー残念とか騒ぎながら書いたり、消したり。

脳みそ活性化は解らないけど、結構集中できて、諦められなくて悔しいけど
なんか、すっきり。かも?


しかし、誰が考え出したのか、賢い人がいらっしゃるもんで。

昨日は

未分類
03 /04 2008
20080304193941
20080304193940
昨日は楽しい雛祭りでしたね。

ご馳走は如何でしたでしょうか?

思いもかけずこんな可愛いい雛まんじゅうを頂きました。

春を想わせるパステルな外皮。

何れにしようかなって迷って、パーブル。

中の餡は白餡。

うーん。アッサリ甘くて軽くペロリ。

中の餡が気になる。

ピンクは黒餡。

フムフム順当。予想通り。

スタッフのHちゃん、ゲットは黄色。

中は、なんと鴬餡。そして続けて淡いグリーンへと、手を伸ばす。

またまた、驚き餡がダブルだ!
鴬に白餡と。
こうなったら、全部を確認したくなりまして、、、

あー
後はご想像通りの展開。

美味しい後悔の雛祭りでした。

未分類
03 /03 2008
うれしいひな祭り
IMG_0122.jpg


今日は楽しい、ひな祭り。
こぶり石のひな壇飾りです。

1.あかりをつけましょ ぼんぼりに
  お花をあげましょ 桃の花
  五人ばやしの 笛太鼓
  今日はたのしい ひな祭り


2.お内裏様と おひな様
  二人ならんで すまし顔
  お嫁にいらした 姉様に
  よく似た官女の 白い顔


3.金のびょうぶに うつる灯を
  かすかにゆする 春の風
  すこし白酒 めされたか
  あかいお顔の 右大臣

4.着物をきかえて 帯しめて
  今日はわたしも はれ姿
  春のやよいの このよき日
  なによりうれしい ひな祭り


娘にも男の子達にも着物を着せ、家族で並んで撮った写真。
ひいお祖父さん、お祖父さん、お祖母さん、主人、私、長女、長男、そしてお腹の中の三番目さん。
我が家のマックス8人家族だった頃。
賑やかと言うより、騒々しく、朝から晩まで動き詰めの子育ての時期。

季節の行事はささやかだけど、手作りで、お彼岸の墓参り、三月のひな祭り、四月は春祭り、七夕、お盆。八月から毎月続く子供達の誕生日。プレゼントなしで寂しい思いをさせた。
自分の時間って来るんだろうか?なんて思っていた。

あっという間に過ぎた。

今は、4人。
二升釜に炊いていたご飯も、今はせいぜい3、4合。
 今晩は、チラシ寿司でも作ろうかな?


始まりました

未分類
03 /02 2008
20080302205956
一昨日から、熱っぽいようかな?クシャミ、鼻詰まり。
頭もぼっー。

とうとう花粉の季節がやって来たよう。

風邪かと思いたかったけど、始まりが一番キツイ。

誰か必殺技教えてー

気持ちが

未分類
03 /01 2008
先日、展示場の囲炉裏コーナーを貸し出して、金沢の方々が「まいもん」の「牡蠣」を堪能されていきました。


IMG_0123.jpg

差し入れたのが、大根の簡単味噌がけ、カジメの粕汁、ハチメの開き、さざえ。
素材を活かした、シンプルな物ばかりなんですが、今が旬のものには何もテクニックは必要なし。

楽しんでいただけたかしら?田舎料理はお口に合わなかったかなと思ってたのですが、
今日、綺麗な絵はがきで、お礼の気持ちを頂きました。喜んでいただけで、こちらこそ嬉しいです。
ありがとうございました。

お礼の気持ちを伝えて下さって、本当にありがとうございました。
こちらこそ、感謝です。

可愛い!

未分類
03 /01 2008
優しいお手紙と一緒に、こんな可愛い「最中」が送られてきました。

嬉しいですね、心遣いが。
IMG_0121.jpg


箱もユニークだし、中身も本物のピーナッツそっくりで、早く食べたいよ?

食して、ピーナッツ味で、又、びっくり。
その上、中から飛び出す、本物ピーナッツ。

小ぶりで、あっさりあんこで、ご馳走様でした。

ありがとうございました。