馬酔木

未分類
03 /09 2017
冷たい雨に打たれながらも
馬酔木の新芽はたわわに連なる。
雪が溶け始め、みぞれが葉の上に重しとなる。
アセビ滴1


みぞれが、
葉をつたい
新芽を通り抜け
溶け始め
小さな水晶玉になって
地面によばれ吸い込まれてゆく

アセビ雪

足踏みの毎日が続く弥生も九日。
惜しむような気持ちと
待ち遠しさが
小さな水晶玉の中で転がって
行ったり来たりの綱引き
あせび垂れ


大好きな馬酔木。

アセビ横

今年もふさふさと実を付けてくれた。
ありがとうね、お天気は必ず来るからね、一緒に待とうね。
貴方の健気な花花のお披露目、みんなが待ってるからと、声を掛けた。

アセビ滴

冷たい雨も、恵だもね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gardenmama

FC2ブログへようこそ!