花咲けど

未分類
04 /11 2017

春雨は濡れていこうと仰せかな?

のとさくら駅の桜は、春雨をものともせず、八分咲き。
裏寂しいもの悲しさは、美しさの裏返し。

列車を待つ、両脇を桜色に囲まれた花のトンネル。

儚いからこその、愛おしい。

春、
待っていた季節です
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

gardenmama

FC2ブログへようこそ!