綱引き

未分類
03 /10 2017
今朝も冷たいみぞれがうすら明るく感じる外。
お日様が顔を出し始めると、あっという間に降参とばかりに姿を消す。
冷たい風に思わず俯き加減で歩いてしまう。
こんな中で見つけた、今日の輝き達。

オタフク南天

オタフク南天さんは、ツヤツヤの艶子ちゃん!
目出度い目出度いと真っ赤か!

クリスマスローズ29310

木々に守られひっそり息づクリスマスローズは、ぷくぷくに膨らみかけて笑う。

アイビー雪

アイビーに乗っかった忘れ物のみぞれ。


背中に感じるお日様につられ空を仰げば、
パステルブルーの柔らかなバックに、桜の蕾が~
ほんの少しずつだけど
空桜


確実に近づく春という、心ほぐれる季節を感じる。
冬?春?
軍配が上がりそうで上がらない、はらはらの今日。三月十日の朝





さぁ 今日も一日明るい笑顔と張りのある大きな声で!

馬酔木

未分類
03 /09 2017
冷たい雨に打たれながらも
馬酔木の新芽はたわわに連なる。
雪が溶け始め、みぞれが葉の上に重しとなる。
アセビ滴1


みぞれが、
葉をつたい
新芽を通り抜け
溶け始め
小さな水晶玉になって
地面によばれ吸い込まれてゆく

アセビ雪

足踏みの毎日が続く弥生も九日。
惜しむような気持ちと
待ち遠しさが
小さな水晶玉の中で転がって
行ったり来たりの綱引き
あせび垂れ


大好きな馬酔木。

アセビ横

今年もふさふさと実を付けてくれた。
ありがとうね、お天気は必ず来るからね、一緒に待とうね。
貴方の健気な花花のお披露目、みんなが待ってるからと、声を掛けた。

アセビ滴

冷たい雨も、恵だもね。

お日様です。

未分類
03 /08 2017

名残雪から寝雪。
うっすらと粉雪を纏った夏椿の枝は、全てを包み込まれて、艶やかなその幹肌を封印されてしまった。

それでも

暖かな一筋の先に目をやれば、ガラス越しに感じる力強さ。

弥生の雪は、儚い。

いっときのおごりも長続きはしない。

白い世界は灰色の世界よりずっといいけど、お日様の登場には叶わないなぁ~


さぁ今日も一日明るい笑顔と張りのある大きな声で。

汽車を待つ

未分類
03 /07 2017

思わず歌ってしまいました!

なごり雪

しんしんと降り
気がつけば、白一色の世界。


はてはて
春はどこぞにいきにけり?

はてはて?
またまた球形模様の寝こたばった横写真に!
残念~

3月は

未分類
03 /02 2017

3月はお誕生日の家族が多いのです。
って、私と二人のまごっちの三人、そして3月はひな祭り。

春がそこまでやってきて、お祝いのお天気を恵んでくれてます!

明日はひな祭り。
弥生、花開く始めなり。

さぁ今日も一日明るい笑顔と張りのある大きな声で!